国際ゾンタ26地区からのお知らせ

「おらーほ」より4月の報告

東洋大学に、何年ぶりかの春の連休が復活しました。

そのうち2日間、連休の前半のⅠ日は、ゾンタハウスの運営をしている特定非営利活動法人こども福祉研究所の総会を行い、後半のⅠ日は千葉県の里親子の方々とゼミ生を中心としたディキャンプを船橋市にあるキャンプ場を借りて行いました。

いずれもこのゾンタハウスに関連する活動です。

特定非営利活動法人こども福祉研究所の収支決算は、皆様のご寄付とZOOカフェ支援助成が採択された結果、あと2年は安心して山田町ゾンタハウスを運営できる資金を準備することができました。

また、東洋大学社会福祉学科3・4年ゼミ学生は山田町ゾンタハウスサポートの中心にあるのですが、今年度は23人でスタート。

5月7日には4月早々から準備をして41人の里親子と市民の方々と一緒に70人余りのカレー作りと子どもとの遊びの会を成功させました。

この体験で、ゼミ学生は団結力が強まり、7月15-17日の福島の母子家庭との2泊3日の千葉県鴨川市で開催する合宿に向けた取り組みを進めます。

これが終われば夏休み、力を十分蓄えたゼミ生が山田町ゾンタハウスサポートに次々と訪問してくれることになります。

今年はゼミ生のパソコン技術が向上して、4月早々に全員の名前付き写真ができたのです。

それを里親会や山田町ゾンタハウスに送信してごあいさつ。

結構好評で、よかったです。

年々先輩たちを越えようと必死の学生たちの姿が見えるようになってきました。

山田町ゾンタハウスでの今年の活動が楽しみです。

 

特定非営利活動法人こども福祉研究所理事長

東洋大学社会学部社会福祉学科 森田明美

 

*********

 

「おらーほ」より、4月の報告

 

5年7ヶ月めに入ったゾンタハウス「おらーほ」

 

4月、例年のこととはいえ年度始まりは、し~んと静かです。

今年はインフルエンザが今頃猛威を振るい、高校や小学校が順番に学級閉鎖。土埃の対策と花粉症の対策とインフルエンザでマスクの多い月になりました。

 

登録数 411 人

 

一日平均利用人数   9 人 ( 2  ~ 21  人)

 

エピソード

 

* 「 はーい、乗って~! 」

 

宮古からの帰りのバス。ドライバーさんが何故かふたり乗っています。

 

宮古から、通勤の大人や宮古高校の一年生が乗り込み出発しました。(上級生は部活でもう少し遅い時間にピークになります)

 

間もなく宮古商業になる手前、女子高生がバス停でもぞもぞしています。さっそくドライバーさんがバスから降りて、「さあ、早く乗って!」そうか、各家庭にマイカーがあり移動に公共交通手段をほとんど使わないこの町では、高校生になってバスデビュー。ちょっと混んでいるだけで戸惑ってしまうのかもしれません。

 

次のバス停。おお!男女ごそっと新入生がかたまっています。(さっきの女子高生は、この混雑の前に乗ってしまおうと一つバス停前で待っていたわけですね。)

「はい、詰めて~。座れる人はちゃんと座って~」空いている席の前で止まってしまっている高校生に指示が飛びます。通路もほぼ満員状態になりました。

ドライバーさん同士で、「あの人は次、一番後ろの人は3つ後のバス停」と情報交換しています。「は~い、真ん中の人が降りっから、そっから前の人はいったんバスから降りて~」ぞろぞろと高校生が降りていきます。ドライバーさんも降りて、バス停で降りる人を待っている間、新入生諸君に「わりーけど協力よろしくな~」って話しかけています。また、ぞろぞろとバスに乗りなおし、出発!

またひとり降りました。「おばちゃん気を使ってひとつバス停はやく降りてくれたよーだ。」??ドライバーさんが話しています。

次のバス停、ごそっと黒い学生服。宮古工業です。「大じょーぶだ~。まーだ乗れる。詰めて詰めて。」なるほどこの人数で乗り降りするのは大変そう。

バスが止まるたびに通路の学生がぞろぞろとおりて、また乗ってを繰り返しながら、だんだん人数が減っていきます。その間付き添いのドライバーさんが明るく声掛けしたり冗談言ったりして場を和ませてくれます。

 

わき道から国道へでるところで、手押し信号までダッシュで走ってきたおじさんがいます。おじさんがスイッチを押したおかげで国道の車が止まってバスもスムーズに国道へ滑り込みました。ドライバーさんがおじさんに手を振りおじさんも答えています。わかっていて押してくれたようです。(かなり遅れ気味のバスにはありがたいことです)

 

鉄道の工事もだいぶ進んでバスがこんなに混むのも今年最後かもしれません。

 

咲き始めた桜の下を、バスデビューの新入生たちと、それを温かく見守る地元の人たちをのせたバスがはしっていきます。

(バスに乗り合わせた、おらーほの顔なじみは照れくさそうににやっとしてました。)

 

* 「 おつかれ~」

 

最後の部活の練習に励むZ00の高校生メンバー。19時もとっくに過ぎたころ、「こんにちわ~!!」と声は元気に!でも、かなりお疲れの様子でやってきます。

文化部で早めにきていたRちゃんもテニス部にかりだされ、その時間までは、誰も来ないことも。

大人だけのおらーほで、スタッフは人生について(ほとんどが老化現象についてのような気もしますが・・・。)話したりして待っています。

 

「宿題しなきゃ~」と言いながらも、「おなかすいた~。まずは食べなきゃ」と、トーストやおやつを食べ、お腹が満たされてくると「くたびれた~」と言いながら今日の反省会。「もう、8時になるじゃん」「まっいいか~」

 

やるときはやるみんなだと信じてるよ~。間もなくやってくる、さまざまな受験。その空腹とくたびれた気分が心地よかったと思い出すまでにはたくさんの苦労を乗り越えなければらないかな。

 

* 「 興味があってきてみました!  」

 

わりと年齢層高めのお客様中心になっているZ00に、同年齢のお客様の姿が。

 

「知ってる?」「みたことないよ・・・。」高校生も気になってちらちらとのぞき見。話しかけたいけどどうしよう・・・。

 

「どこから来たの?」竹内先生が口火を切ってくれました。どうやら宮古水産高校の生徒で、よくよく聞いてみると友達の友達の様子。な~んだ。

前からテレビなどで知っていてきてみたかったとのこと。会話も弾み、ひょっとすると今度手伝いに来てくれるかも・・・。

 

*  「 これが新人さん~? 」

 

森田ゼミから、新しい顔写真付きのメンバー表がおくってきました。プリントアウトが待てずにみんなで覗き込みます。

「おおっ、男子増えてる~」「3年が4年になって・・、もう4年はいないんだよね~。」

 

顔つきのメンバー表は初めてなので、わくわく感でいっぱいです。

大好きな大学生のおにいさんおねえさん。

毎回、「初めての人はちょっと~」とか言いながら、最後にはため口たたいて悪ふざけ。やまだっこパワーにめげずに付き合ってくださる大学生さん。

今年も素敵な出会いがありますように。よろしくお願いしまーす!

 

5月、ゴールデンウィーク、運動会(オリンピア)、高校総合体育大会、お天気が良いといいなあ。

(佐藤 記)

関連記事

コメントは利用できません。